卒業祝いや就職祝いでギフトを贈ることは多いですが、卒業と就職の時期は重なることが多いです。

結婚式のときのプチギフト
結婚式のときのプチギフト

卒業祝いや就職祝いのギフト

卒業祝いや就職祝いでギフトを贈ることは多いですが、卒業と就職の時期は重なることが多いです。基本的には、両方を祝うと言うことはなく就職祝いの方を優先させます。しかし、まだ就職が決まっていない、卒業後も就職しないと言う場合は、卒業祝いを贈るようにします。就職祝いや卒業祝いは、本来は身内で祝うものです。祖父母や親しい親族を招いて会食をしたり、お祝いのギフトを贈ってお祝いしてあげましょう。就職祝いの場合、贈るものは社会人として役に立つものを贈ってあげることです。また、就職を機に一人暮らしを始める場合は、家電や生活必需品を贈ると喜ばれます。

しかし、本人に直接何が欲しいのか聞いてみるのもいいですし、品物でなくて現金や商品券を贈ると言う方法もアリです。卒業祝いの場合は、品物を贈るよりも現金や商品券の方が無難と言われています。最近は、卒業祝いに旅行券を贈るのが多くなっています。また、就職祝いで会食をするならば、できればいつも行っているようなカジュアルなレストランではなく、少し敷居の高い場所での会食が望ましいでしょう。社会人になるのですから、テーブルマナーや立ち居振る舞いに触れさせるいい機会だからです。

RECOMMEND

Copyright (C)2017結婚式のときのプチギフト.All rights reserved.